横浜の家さがし|東宝ハウス横浜の不動産情報サイト|ライブス横浜

CONTENTS No. 039

横浜|中古住宅を購入してリノベーションするメリットとは?

投稿日時: 2019年1月30日

中古住宅を考えているけど、新築か中古か決めかねている方はいらっしゃいませんか。
どちらが良いかの比較検討をするのは難しいですよね。
もしかしたら、中古物件をリノベーションするのがぴったりかもしれません。
この記事では、中古物件をリノベーションするメリットについてご紹介します。
リノベーションをお考えの方はぜひご一読ください。

□リノベーションとは

リノベーションは、よくリフォームと混同して使われることがあります。
しかし、実は両者はかなり違うものです。
リフォームとは、すでに古くなった建物を新築に近づけるためにするものです。
イメージとしては、原状回復を考えていただけるとわかりやすいかもしれません。

それに対してリノベーションは、今の建物の品質を向上させたり価値を高くしたりするために行うものです。
たとえば、大規模な耐震工事を行ったり、内装を大きく変えたりすることがリノベーションに当たります。

□リノベーションのメリットとは

 

*設計の幅が広がる

内装の幅が広がるのは大事な要素の1つと言えるのではないでしょうか。
やはり、せっかく自分の家を建てるのならオリジナリティーが溢れるものに仕上げたいですよね。
リノベーションを行うと、様々な点で自由な設計が可能になります。
例えば、リビングの仕切りをなくしたり、キッチンの仕様を大きく変えたりすることができます。
自分だけの家を建てたい方には、特にオススメです。
ただし、木造の中古住宅の場合、取れない柱や抜けない壁などもありますので注意が必要です。

*新築よりも安い

新築と中古で悩んでいる方は多いと思いますが、リノベーションをすると普通の新築を建てるよりもコストを格段に抑えられます。
そうすることで、低い価格なのに、自分のこだわりを持った内装の家を実現することができます。

□リノベーションにデメリットはある?

 

*時間がかかる

新築や中古を買うよりも、工事期間の分だけ済むまでに時間がかかってしまうのがデメリットです。
引渡を受けてから2~3か月程度の工事期間は見ておいた方が良いでしょう。この期間は、住宅ローンと引っ越すまでの家賃がダブルで発生しますので注意が必要です。

すぐに新しい家に住みたい方には向いていないかもしれませんね。

*耐久性に不安がある場合も

築年数が経ち過ぎている場合、少し耐久性に不安を覚えるかもしれません。
1981年に大規模な耐震基準の変更があったので、それ以前のものをリノベーションする際には耐震性に注意した方が良いかもしれませんね。耐震診断を受けて必要な補強工事をするのも方法の一つです。

□まとめ

この記事では、リノベーションのメリットとデメリットについてお話ししました。
リノベーションにはたくさんのメリットがあることをお伝えできたなら幸いです。
特に設計の幅が広がることで内装を自由にできるのがポイントでした。
弊社では中古物件を扱っています。
ぜひ購入してリノベーションを行ってみてはいかがでしょうか。

カテゴリー:未分類 タグ: