横浜の家さがし|東宝ハウス横浜の不動産情報サイト|ライブス横浜

CONTENTS No. 041

横浜市|マンションに住むなら購入と賃貸どちらの方がいい?

投稿日時: 2019年2月3日

マンションを購入するか賃貸で住むか、どちらの方が得なのかあまりわかりにくいですよね。
どちらも良い点と悪い点があるので、比較検討する必要があります。
実は、期間によっても得をするか損をするか変化します。
そこでこの記事では、マンションを購入することと賃貸で住むこと、どちらのメリットもご説明します。
ぜひご一読ください。

□マンションを購入するメリット

 

*資産として残せる

資産として残せるの、マンションを購入する際の大きなメリットです。
なぜなら、いざという時にお金に変えられるだけでなく、資産としてずっと残り続けるからです。
借りているだけでは資産とは言えないので、購入するとそういった面で得をすることができます。
また、あってはならないことですが、ご主人様が住宅ローンを組む場合、ご主人様に万一のことがあった場合には「団体信用生命保険」により「住宅ローンが無くなる」ことも購入メリットの一つです。

*好きなようにカスタマイズできる

住まいにこだわりを持ちたい方にとっては、好きなようにリフォームできるのはとても良い点ですよね。
場合によっては管理組合に制限されますが、少しのリフォームなら好きなようにカスタマイズすることができるマンションがほとんどです。
費用はかかりますが、好きなように空間をアレンジできれば、日々の生活がより楽しくなるのではないでしょうか。

*賃貸と変わらない値段?

実は、マンションを購入することは、場合によっては賃貸と値段が変わらない、または賃貸より安い場合もあります。
ずっと長く住み続けるのであれば賃貸と同じくらいの金額で購入できる可能性があるからです。
どれくらいの期間住む予定なのかを考えて、賃貸と購入でどれほど金額に差が出るのか、具体的に計算してみるといいかもしれません。

□賃貸で住み続けるメリット

 

*初期コストがほとんどない

初期コストがほとんど必要ないのは、とても魅力的ですよね。
多くの人は全額を自己の資金で購入できないので、マンションを購入する際はローンを組むことがほとんどです。ローンには利子が付くので、その分余分なお金を支払う必要があります。
賃貸に住む場合はローンを組む必要がないので、費用を抑えることができます。
(しかし、いくら払っても資産にはなりません)

*急な出来事に対応しやすい

もしかしたら、急に子供ができて結婚することもあるかもしれません。
その時により柔軟に行動することができるのは、実は賃貸で暮らしている場合です。
引越しをすることが簡単にできるので、例えば結婚の際にパートナーの人とよりスピーディーに同居しやすいです。

*メンテナンスが必要ない

メンテナンス費が必要ないのもメリットの1つです。
マンションを購入すると、資産価値が下がらないように維持のためのリフォームをする必要があります。それに対して賃貸の場合は管理会社やオーナーがその役割を担ってくれるのでとても便利です。

□まとめ

この記事ではマンションに住みたい方に向けて、賃貸と購入におけるそれぞれのメリットについて書きました。
どちらも一長一短ですが、特徴について整理できたのではないでしょうか。
どちらを選ぶかは、生活のスタイルやそれぞれの好みにもよります。
そのためどちらがの方が優れていると断言することは難しいです。

弊社では様々なマンションの売却を行なっています。
興味がある方はぜひご連絡ください。

カテゴリー:未分類 タグ: