横浜の家さがし|東宝ハウス横浜の不動産情報サイト|ライブス横浜

CONTENTS No. 043

横浜市|住宅を売却したいけどローンが残っている?売却できるの?

投稿日時: 2019年2月7日

住宅を売りたいけどローンがまだ残っていてどうすればいいのかわからない方は、意外と少なくありません。
ローンが残っていると、好きなように売却していいのかわからないですよね。
しかし、ローンが残っているからまだ売れないと早合点して諦めないでください。
この記事では、ローンがあっても住宅を売れるのか?どういう手続きをすれば良いのか?について説明します。

□ローンが残っていても住宅は売れるの?

仮に2,000万円のローンを利用して家を購入した場合に、1,000万円だけローンを返済した場合に住宅を売却したくなったとします。
つまり、残り1000万円を支払っていないのに売りたくなってしまった場合です。
この時、多くの方は金融機関に対して現金で1000万円を一括で返してからでなければ売却できないと考え、住宅の売却を諦めてしまいます。
実は、ローンが残っていても住宅を売る方法はあります。

□ローンが残っている住宅を売る2つの方法

 

*任意売却

任意売却とは、金融機関がローンに関係なく住宅を売らせてくれる制度です。
任意売却をする場合は、売れた代金と引き換えにローンの残債を支払うことになります。
もちろん、売却する前に住宅ローンを組んでいる金融機関には通知が必要になります。

*住み替え住宅ローン

新しくマンションや住宅を住まいとして購入する場合は、残りのローンを新しい住まいのローンに組み込むことができます。その分借入額が大きくなりますが、売却が可能になります。

□お買い替えの場合の注意点

お買い替えの場合、基本的には現在の住宅を売った金額で、現在の住宅ローンの残りを返済できるのが基本となります。売っても残りのローンを全部消せない場合で、ローンの残債を新たに買う物件の住宅ローンに組み込む場合、収入に対する「返済比率」が一番の問題になります。ローンを斡旋する不動産業者にきちんと確認しましょう。

□まとめ

この記事では、任意売却を始めとする様々な売却方法を説明しました。
ローンが残っていても売却できることをお伝えできたなら幸いです。
どの方法があなたにとって最も最適か見極めることをおすすめします。

カテゴリー:未分類 タグ: