横浜の家さがし|東宝ハウス横浜の不動産情報サイト|ライブス横浜

CONTENTS No. 078

住宅を購入するのに適した年齢とは?横浜の不動産会社がご紹介。

投稿日時: 2019年5月3日

「住宅の購入は何歳ごろが良いのだろうか」

「新しく住宅を買いたいのだけれど、今の年齢で買っても大丈夫かな」

このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。

住宅を購入することはとても大きなイベントです。

そのため、住宅の購入に関して心配になる方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、住宅を購入するのに適したタイミングを年齢ごとにご紹介します。

 

 

30

 

住宅の購入に踏み切るタイミングとしては、特に30代の方が多いとされています。

その要因の一つとしては、仕事が軌道に乗って生活が安定しているということが考えられます。

また、子供の誕生や成長に合わせて住宅を購入し、引っ越しをするという方も多くいらっしゃいます。

 

 

*メリット

 

30代で住宅を購入するメリットとしては、住宅ローンが比較的組みやすいことが考えられます。

あまり購入の時期を遅らせてしまうと、退職の時にローンが多く残ってしまう可能性もあります。

「退職前にローンを払いきりたい。だけど、購入を早めて失敗したくない」このような方は、30代のころに購入を検討することをおすすめします。

目安としまして、実際に30代の方がお家を購入される時に組むローンは35年返済がほとんどですが、実際の完済までの期間は、繰り上げ返済などによって20年~25年と言われています。このように考えますと、35歳で購入すれば60歳には完済の目途が立つとも言えますね。

 

 

40

 

30代の次に住宅を購入する方が多いとされている年齢は、40代です。

30代のころは余裕がなかったけれど、そろそろ購入できそうかな」このように考えられる方がいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

*メリット

 

貯金がある程度たまっている場合は、それを頭金として使用することで無理なく住宅ローンを組むことができます。

頭金によっては、30代で購入する場合よりも早く住宅ローンを支払い終えることができるかもしれません。

 

 

20

 

20代の住宅購入は少し早いかもしれません。

生活スタイルの安定していない20代では、その後の人生の変化が読み切れないことが多くあります。しかし、20代でご結婚されてお子さんもお生まれになっている方など、生活のスタイルが定まりそうな方でしたら、早くに購入しておく方が良いこともあります。

 

 

*メリット

 

20代で住宅を購入するメリットとしてはやはり、住宅ローンの返済の早さにあるでしょう。

一般的に35年程度で住宅ローンを組む方が多いです。

そのため、20代後半からローンの支払いが始まっても、退職前には支払いが終わりそうですね。

 

 

注意しておきたいポイント

 

新しく住宅を購入すると、ほとんどの方は長くそこに住み続けることになります。

しかし、仕事の都合で転勤を余儀なくされたり、子供が遠い学校に進学したりと、様々なことが起こるかもしれません。

住宅の購入を考える際は年齢だけでなく、そういったことが起こる可能性も考慮しておきましょう。

 

 

まとめ

 

今回は、年齢ごとに住宅の購入に相応しいタイミングをご紹介しました。

ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

カテゴリー:未分類 タグ: