横浜の家さがし|東宝ハウス横浜の不動産情報サイト|ライブス横浜

CONTENTS No. 084

頭金について分かりやすく説明!横浜で住宅を購入する人必見。

投稿日時: 2019年5月14日

一般的に、住宅を購入する時には、「頭金」が必要と言われています。
しかし、頭金はなんのために必要なのかご存じでしょうか?
「頭金ってそもそもなに?」
「頭金を用意するメリット・デメリットって?」
この記事は、こうした疑問を解決できる内容となっております。
頭金のメリット・デメリットについて、ひとつずつ分かりやすく説明していきますので、住宅の購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

 

□頭金とは?

 

頭金とは、住宅を購入する時に、「住宅ローンを利用せずに自己資金で支払う部分」のことです。
頭金を支払うと、その分だけ月々に返済しないといけない住宅ローンの返済額が減ります。
つまり、返済額が減った分、毎月の利息の支払いも減るため、経済的な負担を抑えることができます。

 

□頭金ありのメリット

 

*毎月の住宅ローン返済額が少なくなる。

 

先程も書きましたが、頭金を貯めておくと、住宅購入時の借入額を減らせます。
そうすることにより、毎月の返済額を抑えることができます。

 

*審査に通りやすくなる。

 

頭金なしでも住宅ローンを組むことができます。
しかし、個人事業主の方などは、頭金なしの住宅ローンの審査は頭金がある場合と比較して厳しくなる傾向にあります。
頭金がなかったため、より利息の高い金融機関を選ぶことになってしまうこともあります。

 

 

□頭金ありのデメリット

 

*貯蓄が減る、収入額が減ってしまえば家計に大きな影響がある

 

頭金は自己資本から出すため、単純に手元に残るお金が減ります。
そのタイミングで万が一、収入が減ってしまったら、頭金を払ったばっかりに返済に苦しむ、なんてこともあり得ます。一般的には、手元資金として200万円程度は残るようにするのが良いようです。

 

 

□頭金なしのメリット

 

*欲しい物件を即時に購入できる。

 

頭金や諸費用を現金で事前に準備することなく、マイホームを手にする人も増加しています。
頭金なしのメリットは、住宅を欲しいと思った時にすぐ住宅を購入できる点です。
頭金を貯めている間に目当ての物件が買われていた、なんてことを避けられますし、頭金を貯めている期間の家賃の支払いも無駄になると考えられます。

 

 

□頭金なしのデメリット

 

*総返済額が増える。

 

頭金を用意せずにいると、借入金額が増える分、毎月の返済額が増えてしまいます。
(但し、住宅ローン減税を考慮すると、一概に頭金を入れた方が得にならない場合がありますので注意してください。)

 

*住宅ローンの返済ができなくなる場合がある。

 

住宅の売却価格は、購入し築年数の経過と共に下がっていく傾向があります。
しかし、住宅ローンの返済は毎月少しずつ行うしかありません。
そのため、頭金ゼロで購入をすると、住宅の売却価格が住宅ローンの残高よりも安くなってしまう可能性があります。
つまり、住宅ローンの返済が困難になり、住宅を売却したとしても借金が残ってしまうリスクが存在します。

 

 

□まとめ

 

今回は、頭金について解説してきました。
それぞれのメリット・デメリットについてご理解を深めていただけたのではないでしょうか?
頭金が必要かどうかは、家庭の状況によって変わります。
これからの経済的計画をしっかり立てたうえで、頭金の利用について決めてみましょう。

カテゴリー:未分類 タグ: