横浜の家さがし|東宝ハウス横浜の不動産情報サイト|ライブス横浜

CONTENTS No. 098

横浜で住宅を購入する方必見!諸費用についてわかりやすく解説!

投稿日時: 2019年6月11日

住宅を購入する時、土地代や建物代とは別に、各種の諸費用が必要になることをご存じですか?
目立たない項目ですが、諸費用にかかる金額は小さくありません。
「諸費用ってどれくらいかかるの?」
「諸費用にはどんなものがあるの?」
この記事は、こういった疑問を解決できる内容となっております。
ひとつずつ分かりやすく説明していくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

□諸費用って何?どんなものがあるの?

 

諸費用とは、税金や手数料などのことで、土地代や建物代とは別に現金で支払うお金のことです。
具体的な費用としてはまず、契約時の印紙税や、登録免許税や司法書士報酬などの登記費用、仲介手数料、住宅ローン借入にかかる手数料などがあります。

 

□かかる諸費用の目安って?

 

諸費用のそれぞれの細かい説明は後に回して、まずは諸費用が大体どれくらいかかるのか、その目安を説明します。
条件によって変わりますが、一般的な住宅の場合、諸費用の目安がこちらです。

 

*新築マンションの場合

 

物件価格の5%前後

 

*建売住宅や中古住宅の場合

 

物件価格の8~9%前後

 

*注文住宅の場合

 

土地・建物の総額の7~10%前後

例えば、4000万円の中古一戸建ての場合、諸費用は大体320~360万円かかる、と目処を立てることができます。
このように、諸費用だけでかなりの金額が必要です。
それでは、費用の項目ごとに詳しく説明していきます。

 

□印紙税

 

各種契約書に貼る印紙代のことです。
契約金額によって金額も変わります。
住宅を買う時の契約書には、土地や建物を売買する時の売買契約書、住宅ローンを借りる時の住宅ローン契約書があり、それぞれに印紙税がかかります。

 

□登記費用

 

登記とは、不動産の所有権などの権利を、登記所という機関に登録することです。
不動産登記、抵当権設定登記の際に必要な登録免許税や、司法書士に依頼する場合の報酬もここに含まれます。

 

□仲介手数料

 

購入物件金額の3%+6万円(税別)が掛かります。仮に4000万円の物件なら126万円(税別)が仲介手数料額となります。

 

□住宅ローン借入手数料

 

事務手数料、ローン保証料、団体信用生命保険特約料、火災保険料などが必要です。金額は金融機関や、ローン商品によって異なるので、ぜひ比較検討してみてください。

 

□まとめ

 

今回は、住宅購入時にかかる、諸費用について解説してきました。
今回紹介した以外にも、いろいろな諸費用がある上に、引っ越しや家具の調達にかかる費用もあります。
住宅を購入する時は、いったいどれほどの金額が必要なのか、土地代や建物代だけでなく、諸費用も含めて考えてみるようにしてください。
?」
この記事は、こういった疑問を解決できる内容となっております。
ひとつずつ分かりやすく説明していくので、ぜひ参考にしてみてください。

カテゴリー:未分類 タグ: