横浜の家さがし|東宝ハウス横浜の不動産情報サイト|ライブス横浜

CONTENTS No. 100

マンションと戸建てのそれぞれのメリットを横浜の不動産会社が解説!

投稿日時: 2019年6月14日

「住居購入を考えているけど、マンションと戸建てどっちがいいだろう…」
横浜にご在住の皆さまの中に、このようにお悩みの方はいらっしゃいますか?
住居はこれからの人生に長く影響します。
住宅購入の際は、後悔のない選択をしたいですよね。

そこで今回は、マンションと戸建てそれぞれのメリットをご紹介します。
この知識を生かして、ご自分の暮らしに合ったお住まいを見つけてくださいね。

 

□マンションのメリット

 

 

*セキュリティーが高い

 

マンションは、防犯カメラ、オートロック、管理人の配置により、
セキュリティー管理がしっかりとされているものが多いです。
また、他の居住者の目があるため不審者が侵入しにくいということもあります。

 

*管理がしやすい

 

マンションに住むと、家の中(専有部分)以外は「共用部分」として管理組合が管理してくれます。
そのため、計画的な修繕が行われ建物の劣化が進行しにくいです。
また、マンションによっては勉強スペースやパーティールーム等があることもあります。
このような設備を利用できるのもメリットの一つです。

 

 

*戸建てよりも安い

 

同じ立地条件だと、一般的に一戸建てよりも価格が安くなる傾向にあります。
但し、管理費や駐車場代が別途となりますので、トータル費用で比べる必要もあります。
この点は事前確認をしっかりとしてください。

 

 

*コミュニティーが築きやすい

 

扉のすぐ隣に居住者がいるので、居住者同士のコミュニティーが築きやすいです。
特に、同じ歳の子どもがいる家族同士は関係を築きやすいでしょう。
近隣にコミュニティーがあれば、何かあった時に近所の人に助けを求めることが
できるので安心ですね。

 

 

□戸建てのメリット

 

*プライシー性が高い

 

建物の下や上の人がいないため、騒音を比較的気にしないで済みます。

 

*駐車スペースが目の前

 

一戸建ての場合、お家と駐車スペースがほとんどの場合一体です。
この点はマンションと比べて荷物の運搬や乗り降りの面で便利ですね。

 

*リフォームの自由度が高い

 

マンションの場合、管理規約によって床材などに制限がある場合があり、
リフォーム工事についても管理組合の承認を得るなど手続きが必要になります。
それに比べて一戸建ての場合、リフォームの自由度は高いと言えましょう。

 

*採光や風通しが良い

 

一戸建ての場合、東西南北に開口部があるため、
採光が採りやすく、風通しも良い場合が多いと言えますが、
マンションは二方向が壁である場合が多く、
開口部が限られるという面で採光や風通しが悪くなる場合があり、
北側の部屋では結露など起こりやすくなる場合があります。

 

□まとめ

 

今回は、マンションと戸建てのメリットをそれぞれご紹介してきました。
マンションと戸建てには、それぞれメリットがあるように、デメリットもあります。
これらを参考に、ぜひご自分の暮らしにあった住居を選んでください。

カテゴリー:未分類 タグ: