横浜の家さがし|東宝ハウス横浜の不動産情報サイト|スマイミライ

CONTENTS No. 275

【横浜の不動産会社が解説】立地が悪いとされる物件売却時のアピールポイント

投稿日時: 2021年7月12日

 

不動産の良し悪しを決めるのはあくまで買主ですが、世の中には一般的に立地が悪いとされている物件がいくつか存在します。

また、このような物件は、工夫をしなければなかなか買い手が付きません。

今回は、立地が悪いとされる不動産を売却する際、買主にアピールしたいポイントについて解説します。

 

一般的に立地が悪いとされる物件5選

 

立地に以下のような特徴を持つ不動産は、一般的に買い手にとって好条件ではないとされています。

 

・線路がすぐ近くにある

・墓地がすぐ近くにある

・最寄り駅が離れている

・ショッピング施設が離れている

・日当たりが悪い

 

線路がすぐ近くにある

 

線路が目の前もしくはすぐ裏手にある不動産は、お世辞にも立地が良いとは言えません。

なぜなら、電車が通過する際の騒音、振動が伝わりやすいからです。

 

また、“線路が近い=踏切が近い”ということですから、周辺道路では比較的渋滞が発生する可能性も高いです。

 

墓地がすぐ近くにある

 

墓地がすぐ近くにある物件は、多くの買い手に敬遠されます。

 

こちらは皆さんもお分かりの通り、「心霊現象が起こりそう」といったような心理的な抵抗が生じるからです。

 

最寄り駅が離れている

 

どれだけ間取りや設備などの条件が良くても、最寄り駅が離れている不動産は、やはり買い手が付きにくいです。

 

最寄り駅が離れていると、通勤や通学の時間は長くなりますし、徒歩や自転車で駅までを行き来する場合、天候の影響を受けやすくなってしまいます。

 

ショッピング施設が離れている

 

スーパーやコンビニ、ドラッグストアといったショッピング施設が離れている不動産も、立地としてはあまり良くありません。

ショッピング施設が遠いと、買い物の負担は大きくなるからです。

 

特に、日々忙しい生活を送る子育て世帯を売却のターゲットにする場合、このような物件は敬遠されやすいでしょう。

 

日当たりが悪い

 

日当たりが悪い物件も、決して立地は良くありません。

 

たとえ、広々としたバルコニーなどが付帯していたとしても、日当たりが悪いと洗濯物の乾きは悪くなります。

また、朝の光が差し込みにくいことで、スッキリと起きられないというところもデメリットです。

 

立地が悪いとされる物件売却時のアピールポイント

 

では、前述した5つの特徴を持つ物件の売却時には、どのような点をアピールすれば良いのでしょうか?

1つずつ順番に見ていきましょう。

 

線路が近い物件のアピールポイント

 

線路がすぐ近くにある物件を売却する際は、以下の点を意識してアピールしましょう。

 

・最寄り駅が近い

・日当たりに優れていることが多い

 

線路が近くにあるということは、駅も比較的近くにあるということなので、購入希望者には忘れずに伝えなければいけません。

 

また、線路沿いには、陽の光を遮るような高い建築物が建っていないケースが多く、日当たりに優れている可能性は高いため、こちらのポイントもしっかり伝えましょう。

 

墓地が近い物件のアピールポイント

 

墓地がすぐ近くにある物件を売却する場合、以下のようなメリットがあることを購入希望者にアピールすべきです。

 

・閑静な環境

・日当たり、風通しに優れている

・地盤が安定している

 

墓地は住宅街、小高い立地などに設けられることが多く、その周辺は比較的閑静な環境です。

 

また、墓地も線路同様、周囲に高い建築物が存在しないことが多く、日当たりや風通しには優れています。

もちろん、急に墓地が閉鎖され、高層建築物が建てられるという心配もありません。

 

その他、墓石を守るために、墓地の周辺は地盤が強くなっていることも、購入希望者には伝えるべきです。

 

最寄り駅が遠い物件のアピールポイント

 

最寄り駅が遠い物件を売却する場合、以下のメリットを全面に押し出しましょう。

 

・開発の影響が少ない

・騒音が少ない

 

最寄り駅が離れている物件ほど、大規模開発などの影響は受けにくく、なおかつ騒音も発生しにくいです。

 

ショッピング施設が遠い物件のアピールポイント

 

24時間営業のスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどが近くにある不動産は、周辺の治安に少し不安があります。

 

一方、ショッピング施設が離れていれば、深夜などに人が集まる心配は少ないですし、犯罪などに巻き込まれる可能性も極めて低いです。

 

日当たりが悪い物件のアピールポイント

 

日当たりが良くない物件を売却する際は、以下のメリットを積極的にアピールすることをおすすめします。

 

・夏場は涼しい

・眩しくて眠れないことがない

・内装や家具が日焼けしにくい

 

あまり日が当たらない物件は、夏場は比較的涼しいですし、仕事の都合上、朝方に就寝する方などが、眩しくて眠れないということもありません。

 

また、直射日光が当たりにくいことで、室内の劣化も進行しにくくなります。

 

まとめ

 

ここまで、立地が悪いとされる不動産を売却する際、アピールしたいポイントについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

虚偽の報告さえしなければ、購入希望者にどのようなメリットを伝えるかは売主の自由です。

よって、不動産売却時には、不動産会社と打ち合わせをして、押し出したいポイントを明確にしておきましょう。

横浜で不動産売買、土地活用をご検討の方、是非、東宝ハウス横浜にご相談下さい!

弊社がお客様の希望に耳を傾け、それを実現させて頂きます。

カテゴリー:未分類 タグ: