横浜の家さがし|東宝ハウス横浜の不動産情報サイト|スマイミライ

CONTENTS No. 278

【横浜の不動産会社が解説】坂の上にある不動産を購入するメリット・デメリット

投稿日時: 2021年7月22日

 

不動産を購入するにあたっては、利便性や土地の形状はもちろん、見晴らしや風通しなど、日々の環境についても考慮しなければいけません。

では、坂の上に位置する不動産の利便性や環境には、一体どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

 

坂の上にある不動産を購入するメリット

 

坂の上に位置する不動産を購入するメリットとしては、主に以下のようなことが挙げられます。

 

・眺めが良い

・風通しが良い

・騒音が少ない

・水害のリスクが低い

 

眺めが良い

 

坂の上にある不動産は、平地にある物件と比べて眺めが抜群に良いです。

高い建築物などに視界を遮られる心配が少なく、夜になれば部屋の中から夜景を楽しめる可能性もあります。

 

風通しが良い

 

風通しの良さも、坂の上にある不動産を購入するメリットの1つと言えます。

窓の開口部が広い物件を購入あるいは建築すれば、よりその恩恵は大きくなるでしょう。

特に、周囲が緑に囲まれたような環境であれば、暑い季節であっても快適に過ごすことができます。

 

騒音が少ない

 

平地の市街地や幹線道路沿いなどは、車や人が行き交っているため、どうしてもエンジン音、話し声などの騒音が聞こえやすくなります。

一方、坂の上にある不動産は、交通量・通行量ともにそれほど多くないため、落ち着いた閑静な環境で生活することが可能です。

 

水害のリスクが低い

 

日本は災害大国であり、平地や河川沿いの不動産で大雨や地震などが発生した場合、津波や洪水といった水害に見舞われるリスクは少なからずあります。

しかし、坂の上であれば、このような水害の影響により、建物が倒壊・損傷するリスクを軽減できます。

 

坂の上の不動産を購入するデメリット

 

一方で、坂の上の不動産を購入することには、以下のようなデメリットもあります。

 

・アクセス環境が良くない

・ショッピングの負担が大きい

・地盤に不安がある

・高齢になると住みづらい

 

アクセス環境が良くない

 

坂の上にある不動産は、基本的にアクセス環境があまり良くありません。

電車の駅の多くは、比較的低い土地にあることがほとんどであるため、たとえ徒歩圏内にあったとしても、帰宅時には坂を上らなければいけない分、遠く感じるでしょう。

また、近くにバス停があっても、坂の一番上にある不動産の場合、帰宅時にはバス停から自宅まで、坂を上らなければいけないケースが多いです。

 

ショッピングの負担が大きい

 

ショッピングの負担が大きいというところも、坂の上の不動産を購入することのデメリットと言えます。

坂を下りなければショッピングができないという場合、マイカーを所有していない方は、たくさんの荷物を持って帰り道の坂を上らなければいけません。

特に、子どもを自転車に乗せたり、ベビーカーを押したりする主婦の方は、不便さを感じやすいでしょう。

もちろん、坂の上であっても、コンビニやスーパーなどが建っていることは当然ありますが、市街地などにある大型店よりは品揃えが少なかったり、営業時間が短かったりする可能性があります。

 

地盤に不安がある

 

坂の上の土地には、傾斜地を盛土でならしているところがあり、このような土地は土砂崩れが起きたり、地震の際に液状化したりするなど、地盤が弱い可能性があります。

よって、不動産を購入する際は、元々平らな土地か、切土で造成された土地かを確認しなければいけません。

 

高齢になると住みづらい

 

若いうちは、坂の上の不動産であっても、それほど苦にならないかもしれません。

しかし、高齢になり足腰が弱くなると、生活は一気に苦しくなる可能性があります。

また、高齢の方は自転車や車に乗るのも危険であるため、生活の足が完全に途絶えてしまうことも考えられます。

よって、高齢の両親などと住む不動産を探している方、終の棲家を探している方などには、坂の上の不動産はおすすめできません。

 

坂の上の不動産は安い?高い?

 

市街地、幹線道路沿いなどと比べて高い位置にある坂の上の不動産は、前述の通り眺望や風通しなどに優れていて、なおかつ閑静な環境です。

そのため、いわゆる高級住宅街と呼ばれるエリアに多く、大規模に開発された住宅地域でも人気がありました。

しかし、現在では、高齢になったときのことを考慮して、購入を見送られるケースも増えてきています。

つまり、坂の上の不動産は、高級住宅街にあるケースが多いものの、必ずしも価格が高いわけではないということです。

ただし、一から坂の上で住宅を建築するという場合は、地盤や擁壁といった確認も必要になるため、建築コストが高くなるケースが多いです。

 

まとめ

 

ここまで、坂の上の不動産の特徴、購入することのメリット・デメリットを見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

マイカーを所有している方であれば、坂の上の不動産では、比較的優雅な生活を送ることができるでしょう。

ただし、一生住み続ける不動産を探している方は、数十年先のことを考えて、慎重に購入を検討することをおすすめします。

横浜で不動産売買、土地活用をご検討の方、是非、東宝ハウス横浜にご相談下さい!

弊社がお客様の希望に耳を傾け、それを実現させて頂きます。

カテゴリー:未分類 タグ: