横浜の家さがし|東宝ハウス横浜の不動産情報サイト|ライブス横浜

CATEGORY 未分類

横浜でマンションを売却する際に押さえておくべき減価償却と計算方法

投稿日時: 2019年7月6日

横浜市でマンションの売却を検討されている方はいらっしゃいませんか。
「減価償却とはどのようなものなのか知りたい」
このようにお考えの方もいらっしゃるはずです。
そこで今回は、マンションの減価償却についてお伝えします。

 

 

□マンションを売却する際の税金

 

マンションを売却した際に得たお金には税金がかかります。
この税金は、マンションがどのくらい減価償却されるかによって異なります。
ですので、減価償却について説明する前に、
マンションを売却したときに得たお金について解説します。

 

 

*譲渡所得

 

マンションを売却した際に得た利益を譲渡所得と言います。
譲渡取得は単に売却額を表すものではなく、

譲渡所得 = 売却額 -(取得費+譲渡費用)

で考えます。

 

 

*取得費

 

取得費には、過去にマンションを購入したときの費用、改装費用、登記費用、
契約書の印紙代などが含まれます。
しかし、取得費はマンションを購入した時期の値段のみではありません。
現時点でそのマンションを購入した場合、
いくらぐらいの価値になるのかも考慮する必要があります。

この現時点でのマンションの価値を決めるときに減価償却が用いられ、
取得費は取得価額から減価償却額を差し引くことで計算できます。

 

 

*譲渡費用

 

譲渡費用は、マンション売却にかかる費用です。
マンションを売却する際に不動産会社に支払った仲介手数料も含んでいます。

 

 

□減価償却と、計算方法

 

減価償却とは、耐用年数が10年以上あるものに対して使われる考え方で、
支出を購入時の1度きりにまとめるのではなく、
耐用年数分の期間に費用を分散させようという考え方です。

例えば、20年耐久するような車を1000万円で購入した場合、
1年目の支出が1000万円で、2~20年目の支出は0円だと考えると、違和感があります。
これでは、2年目以降のこの車の価値が0円と言っていることと同じになります。
そこで、1000万円を20年かけて費用としていく、とするのが減価償却の考え方です。

これはマンションの現時点での価値を決めるためにも使われます。
マンションは、時が経過するとともに耐久性が落ち、劣化すると言われています。
そのため、マンションの価値は時の経過とともに購入時よりも低くなります。

 

 

*減価償却の計算方法

 

マンションを売却するときには、定額法という形式を使って減価償却をします。
定額法では、購入した金額を耐用年数で割って、毎年同じ額を減価償却すると考えます。
そして経過した時間の分だけ減価償却をします。

減価償却 = 建物購入代金 × 償却率 × 経過年数 × 0.9

このように減価償却を計算します。
マンションの購入費を建物購入代金と言い、
償却率とは、1年でどのくらいの価値が下がるのかを示した値です。
経過年数は、マンションの購入から売却するまでの期間を言います。

 

 

□まとめ

 

今回は、マンションを売却する際の減価償却についてお伝えしました。
今回お伝えした情報を参考に、マンションの売却を検討してみてください。
当社は、横浜で不動産を扱う会社です。
横浜で新しい住宅をお探しの際は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

カテゴリー:未分類 タグ:

鶴見区で住宅をお探しの子育て家庭に贈る子育てに適した遊び場3選

投稿日時: 2019年7月4日

鶴見区で住宅の購入を検討中の方はいらっしゃいませんか。
「鶴見区に住む予定だが、子供の遊び場があるかどうか知りたい」
「鶴見区で子育てができるか不安だ」
このようにお考えの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、鶴見区で子育てをするときに、おすすめの遊び場をご紹介します。

 

 

□鶴見区でおすすめの遊び場

 

鶴見区には、お子さんが楽しめる遊び場が多くあります。
数ある遊び場の中から、お子さんが満足できる遊び場をご紹介します。

 

 

*ふれーゆ

 

ふれーゆは、鶴見区にある屋内の総合温泉施設です。
5種類のプールや、温泉浴場、レストランがあり、お子さんだけでなく大人も一緒になって楽しめるでしょう。
プールには、深さが40cmのプールから110cmのプールまであり、小さなお子さんでも安心して遊べます。
また、3階にあるプールは非常に見通しが良く、横浜のランドマークである横浜港、ベイブリッジを見ることができます。
天気が悪い日や、気温が低く外で遊ぶのが難しいときには、ふれーゆを訪れてみてはいかがでしょうか。
うたせ湯や、ジェットバスもあり、大人の方もリフレッシュできるはずです。

・住所 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-15-2
・営業時間 9:00~20:00(4月から9月は21時まで)
・定休日 毎月第2火曜日

 

 

*TOKYO STRAWBERRY PARK

 

ここは、いつでもいちご狩りができる施設です。
施設内はオール電化になっていて、温度管理を徹底しているため、1年中いちご狩りができます。
甘いいちごは思う存分楽しめるので、お子さんはきっと満足できるはずです。
施設の中には、レストランやお土産ショップがあり、家族でこの場所を訪れた思い出を形にすることができるでしょう。
また、中はバリアフリーになっているため、小さいお子さんをお連れの方でも無理なく楽しめるはずです。

・住所 神奈川県横浜市鶴見区大黒町11-1
・営業時間 平日11:00~16:00 土日祝10:00~18:00
・定休日 水曜日

 

 

*白幡公園こどもログハウス(ピッコロ)

 

この施設は、木でできた遊具で遊ぶことができる屋内公園です。
トンネルや滑り台、ネットがあり、雨の日でも好きなだけ体を動かして遊べるでしょう。
「体を動かして遊ばせたいけど、屋外は不安だ」
こうお考えの方には、ぴったりの遊び場です。

・住所 神奈川県横浜市鶴見区東寺尾2-12
・営業時間 9:00~17:00
・定休日 第2、4月曜日、年末年始は不定休

 

 

□まとめ

 

今回は、鶴見区で子育てをするうえで、おすすめの遊び場をお伝えしました。
今回お伝えした情報を参考に、お子さんと一緒に遊んでみるときっと楽しいはずです。
当社は、鶴見区で住宅を販売しています。
鶴見区で住宅の購入についてご相談があれば、ぜひお気軽に当社までご連絡ください。

カテゴリー:未分類 タグ:

港北区で住宅を購入予定の方に子育てに役立つ遊び場3選を紹介

投稿日時: 2019年7月2日

港北区への引っ越しを検討中の方はいらっしゃいませんか。
「港北区で子供が楽しめる場所が知りたい」
「港北区で子育てをするのが不安だ」
こうお考えの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、港北区でおすすめのお子さんの遊び場をご紹介します。

 

 

□港北区でおすすめのお子さんの遊び場

 

港北区には、お子さんが楽しめる遊び場がたくさんあるのをご存知でしょうか。
お子さんが十分に満足できる遊び場をご紹介します。

 

 

*岸根公園

 

岸根公園は非常に広い公園で、お子さんが思う存分体を動かせる場所です。
公園内のゆうゆう広場には、
すべり台やブランコ、ジャングルジムがあり、親子がいっしょに遊べます。
この公園の最大のポイントは、「忍者のとりで」です。
忍者のとりでには、ローラーすべり台、ロープ登り、アスレチックがあり、
たくさんのお子さんが遊んでいます。
忍者のとりででは、お子さんが十分に楽しめるだけでなく、
他のお子さんといっしょに遊べるため協調性が身につくでしょう。
また、公園にはせせらぎ広場という水遊びができる場所もあります。
夏にはこの場所で、気持ちよく楽しめるでしょう。
広い駐車場があるのも魅力的です。

・住所 神奈川県横浜市港北区岸根町725
・電話番号 045-481-1697

 

 

*あそびパーク ナムコトレッサ横浜店

 

ここは、トレッサ横浜店の3階にあるアミューズメント施設です。
この施設にはゲームセンターがあり、
お子さんに人気の景品を揃えたクレーンゲームや、カードゲームがあります。
また、最新技術を使った屋内の砂浜やトランポリン、クッションブロックがあり、
この場所でしかできない遊びがたくさんあります。
お子さんの好奇心を刺激すること間違いなしですので、
親子でいっしょに訪れてみてはいかがですか。

・住所 神奈川県横浜市港北区師岡町700トレッサ横浜南棟3階
・営業時間 10:00~21:00(あそびパークは19時まで)
・定休日 なし
・電話番号 045-642-8772

 

 

*フレーベル館 Kinder Platz トレッサ横浜店

 

この場所は、お子さんが遊びながら主体性と創造性を育むことを
目的につくられた屋内運動場です。
ボールが敷きつめられたプールや、ビニール製の大きいアスレチックがあり、
お子さんは十分に満足できるでしょう。
さらに、1日に2回ほど子育てに関するワークショップを行っているので、
ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

・住所 神奈川県横浜市港北区師岡町700トレッサ横浜 北棟2階
・営業時間 10:00~18:00
・定休日 なし
・電話番号 045-642-3725

 

 

□まとめ

 

今回は、港北区でおすすめのお子さんの遊び場をお伝えしました。
今回お伝えした情報を参考に、お子さんと一緒に遊びを楽しんでみてください。
当社は、港北区で住宅を販売しています。
港北区での住宅の購入についてご相談があれば、ぜひお気軽に当社までご連絡ください。

カテゴリー:未分類 タグ:

横浜で住宅の売却をするなら押さえておくべき必要書類を解説

投稿日時: 2019年6月30日

横浜で住宅の売却を検討されている方はいらっしゃいませんか?
「住宅の売却をするときに必要なものが知りたい」
「売却に必要な書類について詳しく知りたい」
このようにお考えの方もいらっしゃるはずです。
そこで今回は、住宅を売却する際の必要書類について解説します。

 

 

□売却する際の必要書類

 

 

 

*購入時のパンフレット

 

パンフレットには、間取りやアピールポイント、設備、
建築工法などが記載されているため、不動産会社が住宅を売り出しやすくなります。
購入から時間が経っている場合には、パンフレットが手元にない可能性もあります。
パンフレットがない場合には、管理会社や不動産会社に問い合わせると、保管されているはずです。

 

 

*住宅ローンの償還表

 

住宅ローンの償還表とは、住宅をローンで購入した場合に、
支払回数やローン残高を示すものです。
この書類を参考にして住宅の売却額を決めることもあるので、
確実に準備するべきでしょう。
お手元に見当たらない場合、
ローンを組んだ金融機関に問い合わせると手に入ります。

 

 

*印鑑証明書

 

印鑑証明書とは、契約書に押す印鑑が実印であることを証明するものです。
実印は、契約書に押すほかに、所有権移転登記手続きの際にも使うので、
それを証明する書類として印鑑証明は必ず用意しなければいけません。
印鑑証明書は市役所で発行できますし、コンビニで発行できる地域もあります。
注意していただきたいことは、印鑑証明書の有効期限は発行から3ヶ月だということです。
この期間を過ぎると、もう一度用意しなければいけないので、期間に注意して準備してください。

 

 

*住民票

 

住宅を売却する際に、現在住んでいる住所と登記上の住所が違う場合には、
住民票が必要です。
住民票は、市役所や区役所の行政窓口で発行して貰えます。

 

 

*権利書

 

売却する住宅の権利が売主にあることを証明する権利書が必要です。

 

 

*固定資産税納税通知書

 

住宅を売却するときには、固定資産税がどれくらいかかるのかを
買主様に示す必要があるので、固定資産税納税通知書が必要です。
毎年4月~5月ごろに税務署から送付されます。
また納税通知書により税金を支払った場合には、
その領収証も必要になりますので取っておくようにして下さい。

 

 

*建築確認済証、検査済証

 

これらの書類は、住宅が法律に沿って建築されていることを証明する書類です。
住宅を購入したときに、これらの書類を受け取っているはずです。
紛失してしまった場合には、役所に申請するともらえます。
また、リフォームや改築を行った場合には、
それが分かるような書類も保管しておく必要がありますので、
無くさないよう注意してください。

 

 

*固定資産税評価証明書

 

この書類は、所有権を移転するために必要です。
また、有効期限が3ヶ月であるため、
せっかく手に入れたのに有効期限が切れてしまったということがないように注意してください。

 

 

*登記に関する書類

 

登記は司法書士に依頼することがほとんどですので、
委任状や代理権授与証明書が必要です。
これらの書類は、司法書士に作成を依頼できます。

 

 

□まとめ

 

今回は、住宅を売却する際に必要な書類をお伝えしました。
住宅の売却を検討されている方は、是非、参考にされてください。
当社は、横浜で住宅を販売しています。
横浜で住宅の購入や売却を検討中の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

カテゴリー:未分類 タグ:

都筑区で住宅の購入を検討中の方に子育てに適した遊び場を紹介!

投稿日時: 2019年6月28日

横浜市の都筑区で住宅の購入を検討している方はいらっしゃいませんか。
「都筑区で子供が楽しめるかどうか心配だ」
「都筑区でうまく子育てができるかわからない」
こうお考えの方もいらっしゃるはずです。
そこで今回は、都筑区でお子さんにおすすめの遊び場をご紹介します。

 

 

□都筑区でおすすめの遊び場

 

都筑区には、お子さんの好奇心を刺激し、活発に遊べる場所が多くあります。
今回は、その中からおすすめの遊び場をご紹介します。

 

 

*ファンタジーキッズリゾート港北

 

ファンタジーキッズリゾート港北は、
3月16日にオープンしたばかりの新しい屋内遊園地です。
この場所は、約1500坪と非常に広大な面積をもち、
内部にはトンネルやボールプールといった遊具が揃っています。
また、最新技術であるARを用いたボルダリングやトランポリンがあり、
お子さんの興味を引くこと間違いありません。
さらに、次世代の乗り物を体験できるコーナーや、
バイクや車に乗ってレーサー気分が味わえるコーナーもあり、
どんなお子さんでも楽しめるでしょう。
加えて、小さいお子さんが安心して遊べる3歳児以下限定のエリアや、
1日に5回以上イベントが開催されるエリアもあり、1日中存分に楽しめます。
しかし、休日は混雑が予想されるので、早めに行くことをおすすめします。

・住所 神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央53-1ホームセンターコーナン港北センター南店3階
・営業時間 平日10:00~18:00、休日10:00~20:00
・定休日 不定休
・電話番号 045-482-4455

 

 

*リトルプラネット ららぽーと横浜

 

この場所は、デジタル映像技術と子供向けの遊具を組み合わせた屋内遊園地です。
デジタルボールプールでは、非常に広い空間で、
デジタル映像技術によって壁に映し出された的にボールをぶつけて楽しむことができます。
また、三方向が画面に囲まれているデジタルトランポリンでは、
映像で宙に浮いているかのような感覚を楽しむことができます。
その他にも、デジタル落書きやAR砂遊びといった遊びをすることができ、
お子さんの知的好奇心を刺激するはずです。

・住所 神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1ららぽーと横浜2階
・営業時間 10:00~21:00
・定休日 不定休(ららぽーと横浜の定休日と同じ)
・電話番号 045-414-1787
 

□まとめ

 

今回は、都筑区でお子さんにおすすめの遊び場をご紹介しました。
今回お伝えした情報を参考に、親子で遊んでみてはいかがでしょうか。
当社は、都筑区で住宅を販売しています。
都筑区で住宅の購入についてご相談があれば、ぜひお気軽に当社までご連絡ください。

カテゴリー:未分類 タグ:

横浜でマンション購入するなら気をつけたい7つのチェックポイント

投稿日時: 2019年6月26日

横浜でマンション購入をご検討中の方はいらっしゃいませんか?
住宅購入は、これからの人生を左右する大事なイベントです。
後悔することなく、家族に合ったお家を購入したいですよね。
そこで今回は、横浜の不動産会社がマンション購入で気をつけるべき7つのチェックポイントをご紹介します!

 

 

□マンションの立地

 

横浜には埋め立てでできた地域が多くあり、地震が起こると液状化する可能性があります。
また、傾斜地も多いためがけ崩れや地滑り等にも気を付けないとなりません。
横浜市は地震マップ・液状化マップを作っているので、
市のホームページや不動産会社に言ってマンションの立地を確認しましょう。

 

 

□マンションの築年数

 

1981年以前に建てられたものは、古い耐震基準法(旧耐震基準)が適用されているので、
耐震性が十分でない場合があります。
マンションが1981年以降(新耐震基準)に建てられているか確認しましょう。

 

 

□マンションの耐震等級

 

マンションは、1~3まで耐震性の評価がされており、
耐震等級によってマンションの耐震性を知ることができます。

 

 

□耐震装置が組み込まれているか

 

マンションによっては、揺れを小さくする耐震装置が組み込まれています。
耐震装置があるかどうかで、地震の被害の大きさが異なることがあります。
マンションを選ぶチェックポイントとして、
建物に耐震装置が組み込まれているかもポイントとなります。

 

 

□マンション周りの環境

 

学校、駅、病院、スーパーからの近さというような生活利便性を確認しましょう。
また、小さなお子様がいらっしゃる場合、利用できる保育園や幼稚園が近くにあるか、
子育て世代が多いかということも確認しておきましょう。
昼間だけではなく夜間に見に行くことで、夜の雰囲気を確かめることができます。

 

 

□マンションの間取りと設備

 

マンションの間取りと設備を選ぶ際に大事なことは、
暮らしのイメージを具体的に想像することです。
子どもが小さいころ、子どもが成長した後、老後というように、
それぞれの時期によって家に求めるものは変わってきますので、
生活のステージにどう対応するか?を考えてみるのも一つです。

 

 

□マンションの価格

 

マンションの購入時には、不動産の価格以外に様々な初期費用がかかります。
マンションの値段によって異なってきますが、
どのマンションにおいても初期費用は決して安くありません。
また、マンションには管理費や修繕積立金、駐車場料金などが必要になります。
購入する際は、そういった実際にかかる費用の見積もりをしっかりと行い、
ご家庭の財政状況にあった価格のマンションを選びましょう。

 

 

□まとめ

 

今回はマンション購入の際に気をつけるべき7つのチェックポイントについて解説してきました。
マンション購入は人生の一大イベントです。
紹介してきたポイントを参考に、ぜひご家庭にあったマンションを手に入れてくださいね!

カテゴリー:未分類 タグ:

住宅購入の流れと期間について横浜の不動産会社が解説します!

投稿日時: 2019年6月24日

「住宅購入までの手続きが難しくてよくわからない!」
「購入から入居までどのくらい期間が必要なんだろう?」
横浜で住宅購入をご検討の皆さまの中に、このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?
購入手続きをスムーズに行うためにも、前もって全体的な流れを理解するのはとても重要です。
今回は、住宅購入前に知っておきたい住宅購入の全体的な流れと期間について解説します。

 

 

□住宅購入にかかる期間

 

住宅購入にかかる期間は、物件や人によって大きく異なります。
気に入った物件を見つけるまでに3年以上かかる人もいれば、1か月以内で決める人もいます。
また、購入する物件を決めた後も物件の状況や、売主様の事情によって、
入居までのかかる日数が大きく異なります。
引越しが済んでいる中古住宅であれば約1~2ヵ月ほど、
売主様が居住中であれば転居の事情により最長だと1年後など。
新築では最短で1か月から、建築前なら6か月ほどかかることもあります。
どの物件の場合も、引き渡しの手続きまで最低1か月はかかると思っていた方が良いでしょう。

 

 

□住宅購入の流れ

 

住宅購入の段取りは、中古か新築、マンションか戸建てというような
物件の種類によって異なります。
ここでは、物件に共通する流れを説明します。

 

 

*購入物件を決める

 

購入物件を決める際はあらかじめ、物件に求める条件の優先順位をはっきりさせておきます。
そうすることにより、物件の決定をぶれずに行うことができるからです。
優先順位を明確にした後は、物件の情報集めをします。
情報集めは、インターネットのポータルサイトや、不動産会社に頼むこともできます。
目当ての物件が絞れたら現地に行って物件の見学をしましょう。
まだ建物が建っていない新築の場合は、土地周辺の雰囲気を確かめることと、
完成した同仕様の物件を見学するなどしましょう。

 

 

*予算の準備を進める

 

購入物件を選ぶのと同時並行で、予算の準備を始めましょう。
ここで大事なのが住宅ローンです。
住宅ローンの組み方によっては、将来の財政負担が大きく軽減されることもあります。
将来のライフプランに沿って、住宅ローンの組み方を考えていきましょう。

 

 

*購入物件の申し込みや交渉を行う

 

購入物件が決まったら、物件の申し込みや交渉を行います。
また、申し込みと同時に住宅ローンの事前審査を行うことが必要になります。

 

 

*契約の説明を受ける

 

物件の申込みや交渉が完了すると、
次に宅地建物取引士から重要事項説明や契約内容の説明を受けます。
重要事項説明は専門用語が多く理解するのが難しいため、
説明を受ける前にあらかじめ説明事項の写しをもらっておくと良いでしょう。
説明事項をよく読みこんでおくことで、その後のトラブルを防ぐことができます。
この時点ではまだ契約が成立していないため、
説明や契約内容に満足できない場合はペナルティなく申し込みを取り消すことができます。

 

 

*契約する

 

説明を受け納得できた場合、物件取引の契約書に署名し、手付金を支払います。
これによって、正式に物件を購入(契約)したことになります。
ここから先は、ローンが通らなかった場合を除き、
契約を取り消す場合にペナルティや仲介手数料が発生しますので注意が必要です。

 

 

*購入金額を支払う

 

契約が完了後、売主・買主、お互いの準備が整ったら購入金額を決済して、
物件の引き渡しを受けることとなります。
住宅ローンを利用する場合は、契約後に正式に住宅ローン申し込みをしておきます。
ローンが通ったら、金融機関と金消契約を行い残代金の支払いに進みます。
決済終了後に物件引き渡しが行われます。
この間、最短でも3週間から1か月ほどを要します。

 

 

*入居

 

以上の手続きを終えたら、鍵の受け渡しや、家の所有権転移が行われ、
いよいよ物件の引き渡しが行われます。
引き渡しの際に住居の内覧が行われるので、
問題がないことをもう一度確認しておきましょう。

 

 

□まとめ

 

今回は、住宅購入の流れと期間についてご紹介しました。
これらを参考に、ぜひ住宅購入をスムーズに進めていってくださいね!

カテゴリー:未分類 タグ:

中古住宅を購入する4つのメリットを横浜の不動産会社が解説

投稿日時: 2019年6月22日

横浜で住宅購入をお考えの皆さまの中に、
中古住宅について詳しく知りたいという方はいらっしゃいませんか?
中古住宅に対して「汚い」、「購入後のトラブルが心配」というような
マイナスイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。

しかし、中古住宅には魅力的なメリットもたくさんあるのです。
そこで今回は、中古住宅を数多く扱ってきた横浜の不動産会社が、
中古住宅のメリットについてご紹介します。

 

 

□費用が安い

 

中古住宅は、やはり価格の安さが魅力です。
年数が経ち、すでに使用されている分、新築よりも値段が安くなっていることがほとんどです。
ただし立地が良い中古物件や、建物が新しく程度の良い中古物件では、
新築とほとんど値段が変わらない物件もあるので一概に言えない部分もあります。

 

 

□補助金制度がある

 

近年、少子高齢化により空き家が増加し、「空き家問題」が社会問題になっています。
これを受け、政府は2015年から本格的に空き家対策を始めました。
この対策の一環で、空き家購入者を増やすための補助金制があります。
全ての中古住宅が対象ではありませんが、
自治体の定める条件を満たせば補助金を受けることができます。

有名な補助金制度では、購入後10年の間はローン残債の1%が控除される
「住宅ローン控除」や、40歳未満の若者が中古物件を購入し、
その際に定められたリフォーム工事を行うともらえる「エコリフォーム補助金」などがあります。

 

 

□内装を自分の思い通りにカスタマイズできる

 

リフォームやリノベーションを行うことで、自分の理想にあった家をデザインすることができます。
そのため、物件の選定次第で、安い費用で新築のような住居を手に入れられる可能性があります。

 

 

□物件の選択範囲が広くなる

 

探したいエリアにこだわりがある場合、新築だけでは選択できる数が限定されてしまいます。
人気の土地はすでに建物が建っていることが多いので、立地やエリアにこだわりたい方ほど
理想の物件に出会えることが難しいでしょう。
しかし、
中古住宅を選択肢に入れることで、こだわりの立地条件で物件を選びやすくなるでしょう。

 

 

□購入後の暮らしを想像しやすい

 

中古住宅は購入前に中を確認できるため、その後の暮らしを想像しやすいメリットがあります。
新築住宅の場合、まだ建築されていない物件も多いので、
実物がどのようなものになるのか確認できない不安があります。
一方で、中古住宅の場合、外観はもちろんのこと、
家の間取りや日当たりを知ることができるので、安心して物件を選べるでしょう。

 

 

□まとめ

 

今回は中古住宅のメリットについてご紹介してきました。
中古住宅に対してマイナスイメージがあった方も、
中古住宅の良さをご理解いただけたのではないでしょうか?
一口に中古住宅といっても、物件によって家の状態は様々です。
中古住宅を購入する際は、その物件の状態をしっかりと把握するようにしましょう。
当社では、中古住宅の状態を知るためのインスペクション(住宅調査)を斡旋しています。
また、当社は横浜で中古住宅を多数扱っております。
住宅購入で何かわからない点がありましたら、お気軽にご相談ください。

カテゴリー:未分類 タグ:

住宅を高く早く売却するための5つのコツを横浜の不動産会社が解説します!

投稿日時: 2019年6月20日

「住宅をなるべく高く早く売りたい!」
横浜にご在住の方でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
住宅を売るなら、やはり高く売りたいですよね。
コツさえつかめば、従来よりも住宅を高く早く売ることができます。
そこで今回は、横浜の不動産会社が住宅を売る際のコツをご紹介します!

 

 

□住宅を早く高く売る5つのコツ

 

 

 

*掲載する情報を多くする

 

多くの買主が最初に住宅の情報に触れる場所はインターネットです。
そのため、インターネットに公開する住宅の情報が充実しているかが重要なポイントになります。
特に、家の状況を把握できる写真を多く掲載すると良いでしょう。
また、家の良い部分だけではなく、悪い部分も隠さずに情報提供することにより、買い手の信頼度を上げることができます。

 

 

*良い不動産会社を選ぶ

 

より高い値段で売却するためにも、信頼と実績のある不動産会社を選びましょう。
良い不動産会社を選ぶ際のコツは、

・担当者の知識が豊富で、連絡がスムーズにとれる
・類似物件の売買実績がある
・査定額の根拠をしっかりと示してくれる
・物件の売り出し方を明確に提案してくれる
ということがあげられます。
知名度で決めるのではなく、その会社の実績や信頼性に基づいて不動産会社を選びましょう。

 

 

*内覧の際は部屋を綺麗にする

 

住宅の査定は、プロが行うため表面的なきれいさは問題になりません。
しかし、内覧の際は将来の買い手になるかもしれない人が見に来るため、部屋の印象を良くすることが非常に大事になります。
部屋を片付けるのはもちろんのこと、家がなるべく明るく見えるように工夫しましょう。

 

 

*販売状況をこまめに確認する

 

不動産会社の担当者にこまめに販売状況を確認しましょう。
売却を依頼された当初はやる気があっても、時間が経つにつれて自分の物件に対して熱が冷めてしまう可能性があります。
週に一回程度、担当者の人に電話することで、自分たちの熱意が伝わり不動産会社も精力的に動いてくれる可能性が高まります。

 

 

*値下げ交渉の対応を考えておく

 

中古物件の売買は、値引き交渉されることがほとんどです。
そのため、値引きされない対策だけでなく、どんな所が値引きされるポイントかあらかじめ予想し、妥協点を決めておきましょう。

 

 

□まとめ

 

今回は、住宅をなるべく早く高く売る5つのコツをご紹介しました。
しっかりとコツをつかめば、物件を早く高く売ることができます。
ぜひこれらのコツを参考に、皆さまも実践してみてくださいね!

カテゴリー:未分類 タグ:

中古住宅のリノベーションの4つのコツを横浜の不動産会社が解説!

投稿日時: 2019年6月18日

「住宅は中古にして、購入後にリノベーションしようかな…?」
横浜にお住いの方で、このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
リノベーションには、新たな価値を生み出すという意味があります。
リノベーションをするなら、元の家以上に価値のある素敵なお家を手に入れたいですよね。
そこで今回は、横浜の不動産会社が、
中古住宅のリノベーションに役立つ4つのコツをご紹介します!

 

 

□中古住宅のリノベーションのメリット

 

 

中古物件をリノベーションするメリットは大きく3つあります。

 

 

*物件を立地で選べる

 

新築の場合、物件数が限られているため、細かい立地条件に合った家を見つけるのは難しいです。
一方、中古物件は物件数が多いので、細かい立地要望にあった家を見つけられる可能性が高くなります。

 

 

*費用を安く抑えられる

 

全ての場合に当てはまるわけではありませんが、
一般的に中古物件のリノベーションは新築よりもコストを抑えることができます。
そのため、新築同様のきれいな家を、コストを抑えて手に入れることができるのです。

 

 

*内装の自由度が高い

 

建売住宅や新築マンションと違い、内装の自由度がとても高いです。
リノベーションによって趣味や使い勝手を追求した家を手に入れられるのです。

 

 

□リノベーションを成功させるための4つのコツ

 

 

*費用の見積もりをしっかりする

 

リノベーションをする上で大切なのが、自分の理想と費用のバランスをとることです。
まずは、家に求めるものの優先順位をはっきりとさせましょう。
だいたい理想が決まったら、
中古物件を購入する前にリノベーション費用の見積もりをしましょう。
リノベーションにかけるお金と、中古物件購入にかけるお金を決めることで、
大幅な予算オーバーを防ぐことができます。

 

 

*予算に合った中古物件を探す

 

中古物件の中にもリノベーションに向いた物件と、費用が掛かる物件があります。
家の傷みが激しい物件は基礎や耐震補強など必要以上に高い費用がかかるため、
予算オーバーする可能性が出てきます。
中古物件を選ぶ際は、見た目だけでなく、見ただけではわからない排水部分や、
家の柱部分などの構造部分も注目するようにしましょう。
その点、マンションリノベーションは躯体が鉄筋コンクリートのため、
比較的リノベーション工事がやり易い面があります。
気に入った物件があったら、専門業者に見てもらうのも一つです。

 

 

*デザインだけではなく機能も重視

 

自分でデザインできることもあり見た目を重視してしまいがちですが、
機能性を高めることも非常に大切です。
耐震性、断熱性という機能を高めることで、長い間安心して快適に過ごせるようになります。

 

 

□まとめ

 

今回は、中古物件のリノベーションのメリットと4つのコツをご紹介してきました。
中古物件のリノベーションをする際は、しっかりとした事前の見積もりと計画が大切です。
ぜひこれらを参考にして、理想のお家を手に入れてください。

カテゴリー:未分類 タグ: