横浜の家さがし|東宝ハウス横浜の不動産情報サイト|スマイミライ

ARCHIVE 2019年07月

横浜で中古住宅をリノベーションする場合の注意点とは?

投稿日時: 2019年7月31日

中古住宅のリノベーションは、
マンションと違って管理規約の制限もないので、増築も改築も基本的には自由に行えます。
横浜市で中古住宅をリノベーションするには、どんな点に注意すればいいのでしょうか。

 

 

□中古住宅リノベーションのメリット

 

中古住宅のリノベーションは、新築購入と比較してどんなメリットがあるのでしょうか。

 

*コストが安い

 

新築一戸建てよりも、中古住宅のほうが安く購入できるのは当然のことです。
現在の住宅市場では住宅の資産価値は年数がたつほど下がっていくとされているため、木造住宅の場合は築20年以上が経過すると家屋の価値は0に近い場合が多く、ほぼ土地代に近い値段で購入できることがあります。
そのため、築20年以上を経過した中古住宅を購入してリノベーションすると、新築よりも安く住宅を手に入れられることがあります。
しかも、リノベーションの工事の内容によっては新築同様になりますから、気分は新築の家に住むのとほとんど変わりません。

 

*希望する場所で選択肢が増える

 

例えば、お子様の学区限定でお探しだったり、ご実家の近くでお探しだったりと、地域を限定して探されている方がいらっしゃいますが、新築だけを目当てにお探しになった場合、ご希望の地域でご予算に合う物件があるかどうかは時の運になってしまいます。
しかし、中古住宅+リノベーションも視野に入れてお探しになれば、ご希望のエリアで比較的見つかりやすくなる確率がグンとアップします。
中古住宅+リノベーションはリーズナブルにお家を手に入れられるだけでなく、不動産購入の選択肢を増やすことになります。

 

 

□中古住宅リノベーションのデメリット

 

中古住宅リノベーションはいいことばかりではありません。
注意点を見てみましょう。

 

*老朽化の不安

 

築年数がたった物件は、老朽化と耐震性に不安が残ります。
また、築年数の古い住宅は、当時の建築基準法に基づいて建てられていますので、現行法との違いも気になります。
中古住宅は、どれくらい老朽化しているのか、外からわかりづらいのも大きなデメリットでしょう。
家の土台となる基礎部分の傷みは、床をはがしてみたりしないとわからないので、購入段階ではほとんど知ることができません。
解体してみて思った以上に老朽化が進んでいると、想定していた以上の補強が必要になるなど、リノベーション費用が当初の予定よりかかる場合もあります。
また、ほとんど解体せずに内装だけをやり直す程度のリフォームしかしない場合は、耐震性や老朽化、白アリ被害などのチェックが工事のついでにできないというもどかしさもあります。
但し、最近では国の方針により、中古住宅のインスペクション(住宅検査)が進んでおり、耐震性を専門で検査する「耐震インスペクション」も進んできています。
耐震性の状態が事前に分かれば「耐震補強」という工事もリノベーションに組み込んで出来ますので、そういった要望に応えてくれる不動産会社を探すことも重要です。

 

*断熱材、断熱窓がない

 

最近の住宅では、外壁に断熱材を使用したり窓を断熱窓にしたりして、屋内の温度が外気温に影響されないようになっている場合が多いのですが、築年数の古い住宅では、断熱構造はあまり期待できません。
そのため、断熱効果を高めたいなら、リノベーション時に断熱対策を行う必要があります。

 

 

□まとめ

中古住宅をリノベーションすると、コストが安く、希望の立地で物件を選べるメリットがあります。
しかし、老朽化や耐震強度の面で不安があり、築年数が古ければ断熱材や断熱窓もない場合が多いので、予め「耐震補強」や「断熱工事」も予算として考えておく必要があります。
例えば30坪の住宅を丸ごとリノベーションした場合、1000万円~1200万円程度を費用として見込んでおくと良いでしょう。それでも新築を立てる費用(おおよそ2000万円以上)と比べても、かなりリーズナブルにお家を手に入れられることになります。

カテゴリー:未分類 タグ:

横浜で中古住宅をリノベーションする場合の費用の抑え方とは?

投稿日時: 2019年7月28日

住宅は、新築でなくても中古住宅をリノベーションすれば、新築同様にできます。
では、横浜市で中古住宅をリノベーションする場合、費用を抑えるにはどうすればいいのでしょうか。

 

 

□リノベーション前提で中古住宅を買う

 

中古物件を購入してリノベーションするには、2つの考え方があります。
1つは、築年数の浅い間取りの気に入った中古住宅を買って、リノベーション部分を抑える考え方です。これはどちらかというと、リフォームという考え方になると思います。
※リフォームとは間取りなどはそのままに、古くなった設備を新しくしていく工事です。

もう1つは、築年数が古い物件を買って、リノベーションにお金をかける方法です。
間取りなど、造作の部分から手を加えていく方法です。
※リノベーションとは、古いものを壊して新しい価値を加えていく工事になります。

2つとも一長一短であり、どちらが優れているとは言えません。

 

 

□リノベーションの費用を抑える方法

 

築年数の古い中古住宅をリノベーションする場合は、大幅な改修が必要となるため、費用は少なくても500万円以上、30坪の家を屋根や壁も含めて手を加えていくと1000万円以上となるのが普通と考えましょう。
では、このリノベーション費用を少しでも抑えるにはどうすればいいのでしょうか。

 

*設備のグレードを抑える

 

中古住宅のリノベーションでは、キッチンや風呂場、トイレなどの設備が老朽化しているため、総入れ替えとなるケースがほとんどです。
これらの設備は同じメーカーでもグレードによって値段が違うため、値段を抑えるためにもあまり高い製品を使わないようにしましょう。
たとえば、キッチンの材質にはステンレス、人工大理石、セラミックなどがありますが、費用を抑えたいなら昔ながらのステンレスにすれば大幅に安くなります。
「折角だから良いものを」と思われる気持ちは理解しますが、必要最低限を満たしていれば後から不満に思うことは少ないようです。

 

*間取りをシンプルにする

 

リノベーションは、間取りや造作をシンプルにすると費用を抑えられます。
たとえば、ロフトを作ったり屋根裏部屋を作ったり、作り付けの棚などの家具を造作すると、費用が高くなります。
部屋数を少なくしてシンプルな作りにすると費用が安く抑えられます。

 

*こだわりのある部分は費用をかけよう

 

いくら安く抑えたいといっても、何から何まで費用を削るのでは楽しくないかも知れません。ここだけは高品質にしたいという部分があれば、しっかりお金をかけましょう。
そうしないと、長く住む家が魅力のないものになってしまいます。
たとえば、「家族が集まるリビングにはお金をかけたい」のであれば、リビングだけ高い素材を使って、各居室は安く抑えるなどもいいでしょう。
リノベーションする場所に優先順位をつけて、かける費用にメリハリをつけることも大切です。

 

 

□まとめ

 

中古住宅のリノベーション費用を抑えるには、敢えて高い設備を入れないようにすることが大切です。
間取りも、ロフトや屋根裏部屋などを作らないで、シンプルな部屋だけにしたほうが安くなります。
ただし、どこか1箇所だけ、こだわりのある部分にはお金をかけるようにしたいものですね。

カテゴリー:未分類 タグ:

横浜で中古住宅を購入する際にかかる税金の種類とは?

投稿日時: 2019年7月25日

住宅を購入する際には、意外と税金がかかります。
では、横浜市で中古住宅を購入する際にかかる税金の種類には、
どのようなものがあるのでしょうか。

 

 

□登録免許税

 

中古住宅を購入して所有権を移転するための登記や、住宅ローンのための抵当権設定などの際に必要となる税金です。
この登録免許税には、住宅用家屋の軽減税率の特例が適用されますが、必ず適用となるわけではありません。
軽減税率を受けるには、自己居住用住宅で、住宅の床面積が50平方メートル以上あり、築20年(耐火建築物の場合は25年)以内か、地震に対する安全性にかかわる基準に適合することが証明されたものを、取得後1年以内に登記することが必要です。
特例が適用された場合の所有権移転税率は3/1000となり、適用されない場合は20/1000ですからかなりの差があります。
抵当権設定税率は、特例が適用された場合は1/1000で、適用されないと4/1000となって、こちらもかなりの違いとなります。

 

 

□不動産取得税

 

不動産の所有権を手に入れた場合にかかる税金ですが、基本的に取得してから約半年後に払います。
特例要件に該当する場合は、評価額から一定額を引いてもらえます。
この特例を受けるには、自己居住用住宅で、床面積が50~240平方メートルで、築20年(耐火建築物の場合は25年)以内か地震に対する安全性にかかわる基準に適合することが証明されたもの、または昭和57年1月1日以降に新築されたものであることが条件です。
それぞれ新築した時期によって、以下の金額が固定資産税評価額から引かれます。

(新築時)        (控除額)
昭和51年1月1日~昭和56年6月30日 350万円
昭和56年7月1日~昭和60年6月30日 420万円
昭和60年7月1日~平成元年3月31日 450万円
平成元年4月1日~平成9年3月31日 1,000万円
平成9年4月1日~ 1,200万円

上記でわかるように、築20年(耐火建築物の場合は25年)以内かどうかで、特例を受けられるか否かが分かれます。
ただし、この築年数は絶対的なものではなく、築年数を超えていても、建物が一定基準を満たしていれば特例を受けられる場合もあるので、不動産会社に聞いてみた方がいいでしょう。
特例が認められない場合は、自己資金を多く用意しないと住宅購入が難しくなります。

 

 

□まとめ

 

中古住宅を購入する際にかかる税金には、登録免許税、不動産所得税などがあります。
これらは特例要件によって軽減税率が適用されるので、自分の住宅が該当するかどうか確認しておきましょう。

カテゴリー:未分類 タグ:

横浜でマンションを売却する際に押さえておくべき減価償却と計算方法

投稿日時: 2019年7月6日

横浜市でマンションの売却を検討されている方はいらっしゃいませんか。
「減価償却とはどのようなものなのか知りたい」
このようにお考えの方もいらっしゃるはずです。
そこで今回は、マンションの減価償却についてお伝えします。

 

 

□マンションを売却する際の税金

 

マンションを売却した際に得たお金には税金がかかります。
この税金は、マンションがどのくらい減価償却されるかによって異なります。
ですので、減価償却について説明する前に、
マンションを売却したときに得たお金について解説します。

 

 

*譲渡所得

 

マンションを売却した際に得た利益を譲渡所得と言います。
譲渡取得は単に売却額を表すものではなく、

譲渡所得 = 売却額 -(取得費+譲渡費用)

で考えます。

 

 

*取得費

 

取得費には、過去にマンションを購入したときの費用、改装費用、登記費用、
契約書の印紙代などが含まれます。
しかし、取得費はマンションを購入した時期の値段のみではありません。
現時点でそのマンションを購入した場合、
いくらぐらいの価値になるのかも考慮する必要があります。

この現時点でのマンションの価値を決めるときに減価償却が用いられ、
取得費は取得価額から減価償却額を差し引くことで計算できます。

 

 

*譲渡費用

 

譲渡費用は、マンション売却にかかる費用です。
マンションを売却する際に不動産会社に支払った仲介手数料も含んでいます。

 

 

□減価償却と、計算方法

 

減価償却とは、耐用年数が10年以上あるものに対して使われる考え方で、
支出を購入時の1度きりにまとめるのではなく、
耐用年数分の期間に費用を分散させようという考え方です。

例えば、20年耐久するような車を1000万円で購入した場合、
1年目の支出が1000万円で、2~20年目の支出は0円だと考えると、違和感があります。
これでは、2年目以降のこの車の価値が0円と言っていることと同じになります。
そこで、1000万円を20年かけて費用としていく、とするのが減価償却の考え方です。

これはマンションの現時点での価値を決めるためにも使われます。
マンションは、時が経過するとともに耐久性が落ち、劣化すると言われています。
そのため、マンションの価値は時の経過とともに購入時よりも低くなります。

 

 

*減価償却の計算方法

 

マンションを売却するときには、定額法という形式を使って減価償却をします。
定額法では、購入した金額を耐用年数で割って、毎年同じ額を減価償却すると考えます。
そして経過した時間の分だけ減価償却をします。

減価償却 = 建物購入代金 × 償却率 × 経過年数 × 0.9

このように減価償却を計算します。
マンションの購入費を建物購入代金と言い、
償却率とは、1年でどのくらいの価値が下がるのかを示した値です。
経過年数は、マンションの購入から売却するまでの期間を言います。

 

 

□まとめ

今回は、マンションを売却する際の減価償却についてお伝えしました。
今回お伝えした情報を参考に、マンションの売却を検討してみてください。
当社は、横浜で不動産を扱う会社です。

横浜で不動産売買、土地活用をご検討の方、是非、東宝ハウス横浜にご相談下さい!

弊社【売却の窓口】がお客様の希望に耳を傾け、それを実現させて頂きます。

カテゴリー:売却 タグ:

鶴見区で住宅をお探しの子育て家庭に贈る子育てに適した遊び場3選

投稿日時: 2019年7月4日

鶴見区で住宅の購入を検討中の方はいらっしゃいませんか。
「鶴見区に住む予定だが、子供の遊び場があるかどうか知りたい」
「鶴見区で子育てができるか不安だ」
このようにお考えの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、鶴見区で子育てをするときに、おすすめの遊び場をご紹介します。

 

 

□鶴見区でおすすめの遊び場

 

鶴見区には、お子さんが楽しめる遊び場が多くあります。
数ある遊び場の中から、お子さんが満足できる遊び場をご紹介します。

 

 

*ふれーゆ

 

ふれーゆは、鶴見区にある屋内の総合温泉施設です。
5種類のプールや、温泉浴場、レストランがあり、お子さんだけでなく大人も一緒になって楽しめるでしょう。
プールには、深さが40cmのプールから110cmのプールまであり、小さなお子さんでも安心して遊べます。
また、3階にあるプールは非常に見通しが良く、横浜のランドマークである横浜港、ベイブリッジを見ることができます。
天気が悪い日や、気温が低く外で遊ぶのが難しいときには、ふれーゆを訪れてみてはいかがでしょうか。
うたせ湯や、ジェットバスもあり、大人の方もリフレッシュできるはずです。

・住所 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-15-2
・営業時間 9:00~20:00(4月から9月は21時まで)
・定休日 毎月第2火曜日

 

 

*TOKYO STRAWBERRY PARK

 

ここは、いつでもいちご狩りができる施設です。
施設内はオール電化になっていて、温度管理を徹底しているため、1年中いちご狩りができます。
甘いいちごは思う存分楽しめるので、お子さんはきっと満足できるはずです。
施設の中には、レストランやお土産ショップがあり、家族でこの場所を訪れた思い出を形にすることができるでしょう。
また、中はバリアフリーになっているため、小さいお子さんをお連れの方でも無理なく楽しめるはずです。

・住所 神奈川県横浜市鶴見区大黒町11-1
・営業時間 平日11:00~16:00 土日祝10:00~18:00
・定休日 水曜日

 

 

*白幡公園こどもログハウス(ピッコロ)

 

この施設は、木でできた遊具で遊ぶことができる屋内公園です。
トンネルや滑り台、ネットがあり、雨の日でも好きなだけ体を動かして遊べるでしょう。
「体を動かして遊ばせたいけど、屋外は不安だ」
こうお考えの方には、ぴったりの遊び場です。

・住所 神奈川県横浜市鶴見区東寺尾2-12
・営業時間 9:00~17:00
・定休日 第2、4月曜日、年末年始は不定休

 

 

□まとめ

 

今回は、鶴見区で子育てをするうえで、おすすめの遊び場をお伝えしました。
今回お伝えした情報を参考に、お子さんと一緒に遊んでみるときっと楽しいはずです。
当社は、鶴見区で住宅を販売しています。
鶴見区で住宅の購入についてご相談があれば、ぜひお気軽に当社までご連絡ください。

カテゴリー:未分類 タグ:

港北区で住宅を購入予定の方に子育てに役立つ遊び場3選を紹介

投稿日時: 2019年7月2日

港北区への引っ越しを検討中の方はいらっしゃいませんか。
「港北区で子供が楽しめる場所が知りたい」
「港北区で子育てをするのが不安だ」
こうお考えの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、港北区でおすすめのお子さんの遊び場をご紹介します。

 

 

□港北区でおすすめのお子さんの遊び場

 

港北区には、お子さんが楽しめる遊び場がたくさんあるのをご存知でしょうか。
お子さんが十分に満足できる遊び場をご紹介します。

 

 

*岸根公園

 

岸根公園は非常に広い公園で、お子さんが思う存分体を動かせる場所です。
公園内のゆうゆう広場には、
すべり台やブランコ、ジャングルジムがあり、親子がいっしょに遊べます。
この公園の最大のポイントは、「忍者のとりで」です。
忍者のとりでには、ローラーすべり台、ロープ登り、アスレチックがあり、
たくさんのお子さんが遊んでいます。
忍者のとりででは、お子さんが十分に楽しめるだけでなく、
他のお子さんといっしょに遊べるため協調性が身につくでしょう。
また、公園にはせせらぎ広場という水遊びができる場所もあります。
夏にはこの場所で、気持ちよく楽しめるでしょう。
広い駐車場があるのも魅力的です。

・住所 神奈川県横浜市港北区岸根町725
・電話番号 045-481-1697

 

 

*あそびパーク ナムコトレッサ横浜店

 

ここは、トレッサ横浜店の3階にあるアミューズメント施設です。
この施設にはゲームセンターがあり、
お子さんに人気の景品を揃えたクレーンゲームや、カードゲームがあります。
また、最新技術を使った屋内の砂浜やトランポリン、クッションブロックがあり、
この場所でしかできない遊びがたくさんあります。
お子さんの好奇心を刺激すること間違いなしですので、
親子でいっしょに訪れてみてはいかがですか。

・住所 神奈川県横浜市港北区師岡町700トレッサ横浜南棟3階
・営業時間 10:00~21:00(あそびパークは19時まで)
・定休日 なし
・電話番号 045-642-8772

 

 

*フレーベル館 Kinder Platz トレッサ横浜店

 

この場所は、お子さんが遊びながら主体性と創造性を育むことを
目的につくられた屋内運動場です。
ボールが敷きつめられたプールや、ビニール製の大きいアスレチックがあり、
お子さんは十分に満足できるでしょう。
さらに、1日に2回ほど子育てに関するワークショップを行っているので、
ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

・住所 神奈川県横浜市港北区師岡町700トレッサ横浜 北棟2階
・営業時間 10:00~18:00
・定休日 なし
・電話番号 045-642-3725

 

 

□まとめ

 

今回は、港北区でおすすめのお子さんの遊び場をお伝えしました。
今回お伝えした情報を参考に、お子さんと一緒に遊びを楽しんでみてください。
当社は、港北区で住宅を販売しています。
港北区での住宅の購入についてご相談があれば、ぜひお気軽に当社までご連絡ください。

カテゴリー:未分類 タグ: